イベント仲間探しマッチングサービス Oul Events

ダンサーの仕事の種類は?それぞれの特徴や魅力を徹底解説

イベントやパーティーに出張ダンサーを依頼するとその場を盛り上げて、ゲストを楽しませてくれます。ダンサーと一口にいってもさまざまなジャンルがあるのをご存知でしょうか。今回はダンサーのジャンルとその特徴、プロダンサーの仕事内容、そして出張プロダンサーの魅力を紹介します。

2020/03/04
DANCER
  • f
  • t
  • B!
ダンスの練習風景

ダンサーが披露するダンスのジャンルはさまざまで、どのダンサーでもすべてのジャンルが踊れるという訳ではありません。今回はダンサーの種類とそれぞれの特徴、プロダンサーの仕事内容、そして出張プロダンサーの魅力を紹介します。これからイベントやパーティーを主催する予定の方は要チェックです。

ダンサーの仕事の種類と特徴

ダンスにはさまざまな種類と特徴があります。ポピュラーなダンスの種類とそれぞれの特徴を紹介します。

ストリートダンサー

ストリートダンサーはヒップホップ・ガールズヒップホップ・ロック・ソウル・レゲエなどのダンスの総称です。まだダンスが現在のようなエンターテイメントとしての地位を確立する前、ストリートで披露されることが多かったため、このように呼ばれています。バックダンサーなどで活躍しているダンサーは、このジャンルのダンサーが多いです。ストリートダンスは、それぞれのジャンルによって使用する曲のテイストが異なります。イベントのテイストに合わせた曲調からどのダンスが得意なダンサーに派遣を依頼するかを決めるといいでしょう。

ゴーゴーダンサー

ゴーゴーダンサーとはセクシーな衣装に身を包み、クラブなどで観客を魅了するダンスを披露する人たちのことです。ゴーゴーダンサーの中にはポールダンスを披露できる人もいます。また設備さえ用意することができれば、エアリアルやシルクといった空中で行うダンスパフォーマンスが可能なダンサーもいます。野外でのイベントというよりは、室内で照明を使った演出が合うダンサーのジャンルです。

チアリーダー

チアリーダーはポンポンを持って踊るダンサーのことです。明るいイメージがあるので、老若男女が楽しめるパフォーマンスをすることができます。企業のイベントに派遣されることも多く、観客を巻き込みながらのパフォーマンスが可能です。ダンサーを呼んで爽やかなイメージを作りたいというときにオススメのジャンルです。

ソシアルダンス

ソシアルダンスは社交ダンスとも呼ばれます。優雅で上品なイメージがあるので、シックな空間の演出に向いているダンスです。観客がノリノリになって楽しむというよりは、ゆったりとして楽しむことができるので、レストランやホテルのイベントにも向いています。

プロダンサーの仕事内容

女性講師と共にヨガポーズを習う女性_スポーツ体操_バレエの授業_健康な人のライフスタイル

プロダンサーの仕事はどのようなものなのでしょうか。パフォーマンス以外の仕事内容も紹介していきます。

観客が夢中になるパフォーマンス

プロダンサーは全身を使ってパフォーマンスを行うのが仕事です。バレエのように基本の動きがあるものはもちろん、ストリートダンスのように独自の動きを取り入れるものもありますが、どのダンサーも自分の体と表現力だけを使って観客を魅了します。観客が見入ってしまうようなダンス、一緒に踊りたくなるようなダンス、観客を巻き込んで一緒に踊るダンスなどさまざまなものがありますが、ステージで輝くことがダンサーの仕事です。

ダンスレッスンを行う

プロダンサーの中には自分がパフォーマンスするだけではなく、ダンスを教えることを仕事にしている人もいます。最近は学校教育にダンスが取り入れられていることもあり、ダンサーを派遣して簡単なダンスレッスンが開催されることも増えてきました。教育施設だけではなく、高齢者向けの施設などでもレクリエーションとしてダンサーが派遣されることがあります。

体づくりは大切な仕事の1つ

ダンサーとして全身を使ってパフォーマンスするためには、体づくりが何よりも欠かせません。しなやかな体を作るのはもちろんですが、どんな衣装でもきこなせる引き締まった体、どんな踊りでも踊りこなすための軸のある体づくりも大切です。ダンサーの仕事道具は自分の体ですから、いつでも踊ることのできる体をキープしておく必要があります。

練習も仕事のうち

どんなダンサーでも練習をしないことには本番に臨むことができません。1人で踊る場合は10分のパフォーマンスに集中すればよいのですが、数人で踊ることが基本のダンスでは、一緒に踊るダンサーと息を合わせたパフォーマンスをする必要があります。パフォーマンスの時間が数分であっても、何倍もの時間をかけて1つの作品を作り上げるのもプロダンサーの大切な仕事です。

出張プロダンサーの魅力

華やかな衣装に身を包みダンスをする二人組

出張プロダンサーにはどんな魅力があるのでしょうか。イベントやパーティーを主催する方は必見です。

場の空気が華やかになる

パーティーやイベントでは、その場にいたことが一生の思い出になるような演出が必要です。出張プロダンサーに派遣を依頼してパフォーマンスしてもらうと、それだけでビジュアルが華やかになります。テレビでも多くのダンサーが活躍していますが、実際に見るパフォーマンスの熱量は、多くの人の心に訴えかける迫力があります。ダンスは音楽と融合しているので、耳でも目でも楽しむことができ、いつまでも忘れることのできない思い出を作ってもらうことができるでしょう。

テイストに合わせた演出が可能

出張プロダンサーを活用できる場面はさまざまですが、そのイベントやパーティーに合わせたジャンルのダンサーを選ぶことで、テイストに合わせた演出をすることができます。ダンスのなかで商品や企業のPRを取り入れることもできますから、宣伝としてダンサーを使用するのもおすすめです。

予算に合わせたオーダーが可能

イベントやパーティーに余興を依頼する際、気になるのは費用のことかもしれません。ダンサーの場合もダンサーのクオリティによって料金はかかってしまうこともありますが、ダンサーの人数を調整することで予算に合わせたオーダーをすることができます。オリジナルの振り付けでないのであれば振り付け代も省くことができますし、すでにある衣装を使えば衣装代も削ることができますので、予算に合わせたオーダーがしやすいです。

出張プロダンサーを依頼して忘れられないイベントに

経験と何千時間もの練習の賜物であるプロダンサーのパフォーマンスは、一度見ると忘れられないインパクトを残します。イベントやパーティーを盛り上げ、その場にいる人を熱狂させてくれるダンスは、多くの人の心に残ることでしょう。イベントやパーティーの余興選びに悩んでいる人は、出張プロダンサーにお任せするのがおすすめです。

RELATED ARTICLE関連記事