イベント仲間探しマッチングサービス Oul Events

ダンサーを派遣してもらうのにかかる料金はどれくらい?

イベントやパーティーの盛り上げ役として、今ダンサーがとても人気です。ダンスにはさまざまなジャンルがあり、イベントやパーティーにあった演出をしてもらうことができます。今回はダンサーを派遣してもらうのにかかる料金の相場や、ダンサー派遣を活用できるシチュエーション、ダンサー派遣を依頼する方法を紹介します。

2020/03/04
DANCER
  • f
  • t
  • B!
ダンスを披露している風景

エンターテイメントの1つとしてダンスの人気がとても高いです。ダンサーに派遣を依頼して踊ってもらうと、場の空気がかなり華やかになります。またフラッシュモブを取り入れたイベントやパーティーも増えています。そこで今回はダンサー派遣の依頼にかかる料金の相場や、ダンサー派遣を活用できる場面、ダンサー派遣を依頼する方法を紹介します。

ダンサーの派遣依頼にかかる料金相場

料金をチェックする様子

イベントやパーティーを盛り上げるのにぴったりのダンサー派遣ですが、ダンサーを依頼するときにかかる費用の相場はどれくらいかかるのでしょうか。

基本料金は1人あたりの料金

ダンサーを依頼するとき、基本の費用は派遣を依頼する人数によって変わって来ます。かなりスキルがあるダンサーであれば、1人でパフォーマンスすることができる場合もあるのですが、ほとんどの場合が少なくても3〜5人は呼ぶことになるでしょう。無名のダンサーの場合、1人当たりの費用相場は3万円です。知名度があるダンサーであれば、1人あたり15万円〜、超一流のダンサーであれば50〜100万円程度かかってしまうことも珍しくありません。

衣装代が必要になることも

ダンサーがパフォーマンスするときに欠かせないのが衣装です。イベント会社を経由する場合などは、イベント会社が衣装をストックしていてそれを使用することができますが、イベントやパーティーのコンセプトに合う衣装がない場合は、衣装代が別途かかることがありますので注意しておきましょう。

オリジナルの振り付けを依頼する場合

すでにダンサーが作っているダンスの振り付けをパフォーマンスしてもらう場合は費用はかからないのですが、希望する曲目があって特別に振り付けを依頼する場合、振り付け代がかかります。振り付け代の相場は1曲あたり2〜3万円なのですが、これも振り付けをするダンサーのレベルによって異なりますので、事前に確認が必要です。

交通費の有無も確認

ダンサー派遣を依頼するとき、ダンサーの交通費が別途必要になることがあります。それぞれバラバラの場所から来ることになりますが、大抵の場合はある地点からの人数分の交通費を請求されます。元々のダンサー派遣料金に含まれていることもありますので、事前に確認しておきましょう。

ダンサーの派遣依頼を活用できる場面

ダンサーを派遣してもらうと、どのようなシチュエーションで活用することができるのでしょうか。

結婚式・プロポーズ

結婚式の余興の1つとして、またプロポーズのサプライズとして人気があるのがフラッシュモブです。結婚式の場合は会場スタッフとしてダンサーに紛れ込んでもらったり、プロポーズの際には街中の人やレストランのスタッフとして紛れてもらいます。タイミングが来たらダンサーがパフォーマンスを披露します。結婚式の余興としてとても人気があり、突然始まるダンスショーにゲストは大盛り上がりすること間違いなしです。またプロポーズの場合は、自分だけの特別の空間に驚きながらも感動してもらえるでしょう。

※上記の動画は、プロポーズの際、サプライズとしてフラッシュモブ、ダンサーを起用した1パターンです。

社内パーティー

社内のキックオフパーティーや新年会・忘年会にダンサーを派遣される企業も増えて来ました。ダンスにもいろいろ種類がありますが、社内パーティーではモチベーションアップを図るためにチアリーダーの派遣を希望する会社も多いです。季節に合った衣装や音楽を使用することも可能ですので、ビジュアル的にもかなり華やかになります。

販促イベントや商業施設のイベント

商品の販促イベントや商業施設のイベントの演出としても、ダンサー派遣はおすすめです。商品や企業の宣伝を絡めたダンスパフォーマンスを依頼することもできますし、テーマソングなどがあれば、それに合わせた振り付けを作ってもらうこともできるでしょう。ダンサーがいるだけで注目を集めやすいので、人が多い場所や野外でのイベントにもぴったりです。

レストランやラウンジのショータイム

高級レストランやラウンジにダンサーを派遣するなら、コンテンポラリーやソシアルダンスなど上品な雰囲気の漂うダンサーはいかがでしょうか。しっとりとした曲で優雅に踊ってもらえば、その場の空気が一変します。ダンサー派遣というと派手なものを想像する人も多いかもしれませんが、シックな空間にもダンサー派遣はおすすめです。

地域のイベント

街のお祭りなどステージを組んで行う地域のイベントにも、ダンサー派遣はおすすめです。ステージでダンスパフォーマンスをすると、遠くからでも「何かやってるな」と認識してもらえるので、集客アップにもつながります。老若男女が一緒に楽しめるようなヘルシーなダンスや、一緒になって踊れるような簡単な手振りのダンスを振り付けてもらうのも人気のある演出です。

ダンサーの派遣依頼をする方法

ショッピングカートのイラスト

それではダンサーの派遣を依頼するにはどうすればいいのでしょうか。

派遣業者に依頼する

簡単にダンサーの派遣ができるのは、ダンサーの派遣を取り扱っている派遣業者やイベント業者に依頼する方法です。こういった業者にはさまざまなダンサーが登録していて、希望するダンスの種類や雰囲気を伝えるとぴったりなダンサーを選んでくれます。また特定のダンスのジャンルに特化している派遣業者もあるので、どういったダンサーを呼びたいのか考えたうえで検索すると、効率よく見つかるでしょう。

フリーのダンサーに依頼する

フリーで活動していて、依頼があったときだけ対応してくれるダンサーもいます。フリーのダンサーはポータルサイトに登録していたり、SNSで宣伝していることが多いです。実際に踊っている動画をチェックして、気に入ったら問い合わせてみるとよいでしょう。

ダンサー派遣でイベントやパーティーを盛り上げよう

イベントやパーティーはゲストが釘付けになるような催しがあると、より盛り上がります。エネルギッシュなダンサーを派遣してもらえば、場の空気が一変して会場が熱気に包まれるでしょう。さまざまなジャンルのダンスがありますから、イベントやパーティーのテイストや雰囲気に合わせて選んでみるのがおすすめです。どんなジャンルがあるのかわからないという場合は、派遣業者やイベント会社にイメージを伝えると、ぴったりなダンサーを紹介してもらえます。

RELATED ARTICLE関連記事