イベント仲間探しマッチングサービス Oul Events

出張DJの仕事内容や依頼する際の料金相場について解説

パーティーやイベントを行うときに最近人気のサービスが出張DJです。出張DJは、その場にあった音楽を提供してくれます。今回は出張DJの仕事内容や依頼する際の料金相場、注意点などについて解説していきます。

2020/03/04
DJ
  • f
  • t
  • B!
クラブでDJをしている風景

パーティーやイベントを行うなら大規模なものでも小規模なものでも、BGMなどの音楽があったほうが断然盛り上がります。そんな音楽を提供してくれるプロが出張DJです。今回は出張DJの仕事内容や、依頼する場合の料金相場について解説します。パーティーやイベントを主催する方は必見です。

出張DJの仕事内容

DJとは?

出張DJは依頼するとDJ(ディスクジョッキー)がイベント会場やパーティー会場で、音楽を提供してくれるものです。DJというとクラブなどで激しい音楽をかけるDJを想像する方も多いかもしれませんが、さまざまなタイプをシチュエーションに合わせてかけることができます。

出張DJは音響機材とともに会場に出向き、依頼者の希望する音楽をかけて、会場の演出を行うのが主な仕事です。持ち込んだ機材でDJブースをセッティングし、音楽を流します。また最近は事前の打ち合わせの段階からDJが行う場合も多く、実際に音楽を流してくれるDJと綿密に打ち合わせを行うことで希望どおりの演出をしてもらうことが可能です。

もちろんこういった音楽は個人でも流すことができますが、音響機材を使用してかける音楽はクオリティがまったく違います。また特にこれといった曲がないけれど、「こんな雰囲気でかけてほしい」というリクエストにも、音楽に詳しいプロのDJがぴったりの曲を選曲してくれるでしょう。マイクなども一緒に持ち込むので、マイクパフォーマンスで盛り上げることも可能ですし、MCもできるDJもいます。依頼者のニーズによってさまざまな演出が可能です。

また出張DJによっては音響機材以外にも、ミラーボールやレーザーボール、プロジェクションなどを持ち込めるDJもいます。これらを使用することで、普段とはまた違った演出ができます。

出張DJの利用シーン

音楽はイベントやパーティーの演出に欠かせない要素の1つです。最近はさまざまなシーンで出張DJの派遣を依頼する方が増えています。

結婚パーティー

アットホームな結婚パーティーや、二次会にDJを派遣する方はとても多いです。結婚パーティーにDJがいるというのは、アメリカではかなり主流なのですが、最近はそのスタイルを取り入れる新郎新婦の方が増えています。新郎新婦の思い出の曲や、友人との思い出の曲などをリミックスして流すことで、より盛り上がること間違いなしです。また余興の音源などにも対応可能ですので、よりよい音響設備で、パーティーを楽しんでいただくことができます。

企業や街のイベント

イベント会場の盛り上げには、音楽が欠かせません。出張DJは大規模なイベントから、町のイベント、企業が開催するパーティーやお誕生日パーティーやクリスマスパーティーなど個人のイベントにも出張することが可能です。使用したい音や作りたい会場の雰囲気さえ決まっていれば、DJがその場に合うようにMIXしたり選曲することができます。

レストランやバー

いつもはDJがいないようなレストランやバーでも、季節ごとのイベントや周年祝いなどにDJを依頼されるケースがあります。レストランやバーでは普段からBGMが欠かせないと思いますが、DJによるパフォーマンスで音楽を流すことで、いつも以上に店内が盛り上がるでしょう。また空間にDJブースがあることで、より華やかに見えます。

出張DJの料金目安

料金をチェックする様子

出張DJを依頼する場合、気になることの1つが料金ではないでしょうか。ここからは出張DJの相場を紹介します。

目安は30分5,000円から

出張DJを依頼する場合、出張DJを抱えているエージェントに依頼するケースと、個人のDJに依頼するケースがあります。どちらの場合も、最安料金の相場は30分あたり5,000円からです。出張DJの料金はDJの腕前や実績によって大きく変わります。ただリミックスを流してほしい、選曲をしてほしいなどのリクエストで、そこまでの技術を求めないのであれば、まずは予算内で可能なDJを探してみるとよいでしょう。

セッティングスタートから費用がかかる

出張DJを依頼するとき、料金が発生するのは、DJがプレイしている間だけではありません。出張DJはすべての音響機器を持ち込んでDJブースをセッティングします。依頼をすると、この機材の組み立て段階から料金が発生するので、2時間のパーティーの場合は、5時間くらいかかることを頭に入れておきましょう。どの時点から料金が発生するかは、DJによって異なることが多いですので、依頼する場合は組み立ても込みの料金なのか別なのかを確認するようにしてください。

出張DJを依頼するメリット

出張DJを依頼すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

プロによる高音質の音楽を楽しめる

空間づくりにおいて音楽は欠かせない要素です。個人でその空気にあった音楽を選んでBGMとして流すこともできますが、プロのDJに依頼すると高音質な音楽を流し続けてくれます。リミックスが必要な場合もプロの技術で対応してくれますので、本格的なエンターテイメントを楽しむことができます。

選曲に偏りができない

音楽の雰囲気でBGMを選ぶ場合でも、選曲する人の好みが出たり、知っている曲の中から選ぶことになるので、どうしても選曲に偏りができてしまいます。しかし音楽を熟知しているプロのDJに選曲をお願いすれば、希望するジャンルや雰囲気に合わせた曲の中から、バリエーション豊富な音楽を見つけてきてくれます。自分で調べて選曲するのは意外に手間がかかってしまいますが、プロに任せておけば安心です。

空間の雰囲気が変わる

普段からBGMを流しているようなお店でも、そこにDJブースがあることでお店の雰囲気が一気に変わります。特別感が演出できるので、来店した人も高揚感を感じることができるでしょう。また単発のイベントやパーティー会場でも、DJブースがあることで特別感が生まれます。ただ音楽を流すよりも、来場した人の心に残りやすいでしょう。

出張DJを依頼するときの注意点

注意マーク、アテンションマーク

個人で依頼を受ける出張DJも増え、イベントやパーティーにも気軽にDJを呼ぶことができるようになりました。出張DJを依頼するときは、どのような点に気をつけておけばよいのでしょうか。

実績よりも口コミをチェック

DJを選ぶときは実績に目がいきがちですが、口コミもしっかりチェックしましょう。パーティーやイベントを盛り上げてもらうために呼ぶのですから、しっかりその趣旨を理解して依頼者のリクエストどおりの音楽を提供してくれるDJがよい出張DJです。実績も大切ですが、実績が多い=リクエストに応えてくれるDJとは限りません。

サービス内容をしっかり確認

個人で依頼を受けている出張DJは、それぞれが作業内容や料金に含まれるものを設定しています。たとえば対応エリア内での依頼であっても、交通費込みの場合と別途請求など、それぞれが条件を決めますし、必要な機材をすべて持ち込めるDJもいればスピーカーは依頼者手配ということも珍しくありません。後々トラブルにならないようにしっかり確認して、疑問があれば依頼前に聞いておきましょう。

DJブースが設置できるかチェック

パーティーや結婚式の2次会など、レストランやラウンジなどのスペースを借りてDJを呼ぶ場合、事前にその会場にDJを呼んでもよいのかを確認しておきましょう。パーティースペースとして貸し出しているお店ではOKなことがほとんどですが、中にはDJを呼ぶことができない会場もあります。依頼する前に必ずチェックしておいてください。

出張DJに依頼してイベントやパーティーを盛り上げてもらおう

パーティーやイベントを盛り上げるために必要なBGMを流したいなら、シチュエーションに合わせてベストなチョイスをしてくれる出張DJにお任せするのがおすすめです。料金はDJによって異なるので、まずは予算を決めてお願いしたいDJを探してみましょう。

RELATED ARTICLE関連記事