イベント仲間探しマッチングサービス Oul Events

出張ミュージシャンの依頼費用を解説!プロの音楽を体験できる

プロのミュージシャンに出張でのパフォーマンスを依頼する場合の費用は、ミュージシャンの知名度・時間・日程・楽器の編成などによって変動します。この記事では、費用の相場と費用を希望内に抑えるためのポイントをご紹介しています。

2021/08/20
MUSICIAN
  • f
  • t
  • B!
出張ミュージシャンの依頼費用を解説!プロの音楽を体験できる

出張ミュージシャンに出張の演奏を依頼すると、臨場感のある音楽を楽しめます。
しかし、演奏のためにプロのミュージシャンを手配するためには当然ながら費用がかかります。

これまでにミュージシャンを手配したことのない方にとっては、どの程度の費用がかかるのか見当もつかないかもしれません。
「高額すぎて、とても手が届かないのでは?」
と考えている方もいらっしゃるかもしれません。

確かに有名ミュージシャンに依頼しようとすると高額になることもありますが、出張ミュージシャンの依頼方法にはさまざまな選択肢があります。

この記事では、出張ミュージシャンをオーダーした場合の費用について解説します。

出張ミュージシャンに依頼できること

Designer
Professional
Musician

A person "who plays music for an audience using instrument".

Web
出張ミュージシャン費用相場

クラシック 35,000円~100,000円以上
ポップス  35,000円~100,000円以上
特殊    45,000円~125,000円以上
※約2時間分

Image is not available
Image is not available
Contact
Contact.

イベント主催の予定はありますか?ミュージシャンを始め様々なプロがあなたのイベントへの参加を待っています。

previous arrow
next arrow

出張ミュージシャンは、音楽に関連したさまざまなことを依頼できるサービスです。
例えば、生演奏の演奏・好みのジャンルの音楽のリクエスト・オリジナル楽曲の作曲などが依頼できます。

一つひとつチェックしてきましょう。

生演奏

イベント会場やレストランやバーなど、生演奏に駆けつけてくれます。
生演奏の良さは、ミュージシャンが奏でる生音をゲストに聴いてもらえる点です。
CDやスマートフォンを使って普段聞く音楽とは異なり、生音ならではの迫力と魅力があります。

生演奏の臨場感こそ、出張ミュージシャンの醍醐味であるといえるでしょう。

好みのジャンルの選曲

もしも出張ミュージシャンに演奏して欲しい好みのジャンルがあれば、事前に選曲できます。
クラシック・ポップス・ロック・演歌など、リクエストできるジャンルは多岐にわたります。

希望のジャンルを専門とするミュージシャンに依頼することにより、さらに満足度は高まるでしょう。
ゲストの好みに合わせて、楽曲のジャンルをリクエストしましょう。
また、どうしても聴きたい楽曲があれば、リクエストの可否を相談しても良いかもしれません。

オリジナル楽曲の作詞・作曲

シンガーソングライターなど作詞と作曲の両方を手がけている出張ミュージシャンには、オリジナル楽曲の制作を依頼できます。

オリジナル楽曲には、唯一無二の良さがあります。
何よりの特別感を実感したい方・イベントの特別感を感じたい方は、相談してみましょう。

出張ミュージシャンの費用のポイント

出張ミュージシャンに依頼した場合の費用の主なポイントはネームバリュー・日程・時間の3点です。
ポイントをうまく押さえるか否かによって費用が変わるため、ぜひポイントを押さえてください。

一つひとつ、詳しく説明いたします。

ネームバリュー

ネームバリューがあって名前だけで人を呼べる有名な出張ミュージシャンは、当然費用が高くなります。

もちろん、ネームバリューが高いミュージシャンにはメリットもあります。

  • 集客力がある
  • 演奏のレベルが高い
  • ゲストのテンションが高まる

予算とのバランスをみながら、どの価格帯のミュージシャンに依頼するのかを検討しましょう。

日程

出張ミュージシャンの依頼が殺到する繁忙期は、費用が高額になりがちです。

  • 土日祝日
  • 夏休みやゴールデンウィークなどの連休
  • クリスマスや年末年始などのイベント時期

パーティーやイベントの開催時期を調整するのは難しいケースもありますが、費用面を重視するなら平日開催にすることで費用を削減できます。

時間

出張ミュージシャンの費用は、出演時間に比例します。
「2時間~」といった具合に最低限の依頼時間が設定されており、時間追加のたびに料金が加算される仕組みが多いです。

中には、15分刻みで料金が追加されることもあります。
イベントの内容や、演奏してほしい楽曲などを考慮して、時間を決定しましょう。

編成

ミュージシャンの編成によっても費用は異なります。
例えば、ピアノソロやシンガーソングライター1名などの場合は、1名分の料金ですが、弦楽四重奏やバンド編成になると、複数のミュージシャンの手配が必要なため、費用が高くなります。

出張ミュージシャンの費用相場

出張ミュージシャンの費用相場

音楽ジャンルによる相場の違いをふまえて、出張ミュージシャンの料金相場をご紹介します。

一般的な相場(約2時間)
クラシック 35,000円~100,000円以上
ポップス 35,000円~100,000円以上
特殊(伝統音楽・オペラなど) 45,000円~125,000円以上

料金の幅が広いのは、楽器の編成やミュージシャンの知名度によって料金設定の幅が大きいためです。
また、ここでは2時間程度の演奏での相場をご紹介していますが、演奏曲目数が少ないカジュアルなパーティーを依頼する場合には、費用はずいぶん安くなります。

上記料金はあくまで大まかな目安なので、具体的なプランが決まっている場合には必ず見積もりを取って確認してください。

出張ミュージシャンの費用について押さえておきたいこと

出張ミュージシャンを依頼する際には、音響設備・得意ジャンル・予約・好みのジャンルの4点についてチェックをしておきましょう。
これらの4点を抑えておくか否かで、出張ミュージシャンの依頼費用が大きく変わることがあります。
一つひとつ具体的にご紹介します。

会場の音響設備についてチェックが必要

こぢんまりとした小規模の会場の場合、音響設備を一切使用しない生演奏でOKです。
しかし、ホール・屋外などの広い会場や多くの観客を招待するイベントでは、演奏を届けるための音響設備が必要になります。

音響設備が必要か否かは環境やイベントの種類によっても異なります。
イベント会社と事前に打ち合わせをして、音響設備の必要性と追加料金の有無を確認してください。

ミュージシャンによって得意なジャンルがある

もし、希望の音楽ジャンルが決まっているときは、音楽ジャンルからミュージシャンを選ぶようにしましょう。
ミュージシャンによってそれぞれ音楽の得意ジャンルが定まっているためです。

中には、昭和歌謡・沖縄音楽・打楽器など、ややマニアックな音楽ジャンルを得意とするミュージシャンもいます。

ジャンルごとにおおよその相場が決まっているので、好みの音楽ジャンルがどの程度の相場なのかをチェックしておくことも重要です。

2~3か月前には予約をしておく

人気が高い出張ミュージシャンの場合、かなり先の日程まで予約が埋まってしまっているケースがめずらしくありません。ご自身の好みにピッタリのミュージシャンが見つかったにもかかわらず、スケジュールが合わなくて予約できなかったという事態は可能な限り避けたいものです。

したがって、希望日の2~3か月前には予約しておくことをオススメします。
十分に余裕をもって依頼することで人気のミュージシャンでも確保できる可能性が高まりますが、クリスマスなどの特別な日程の場合には予約・問い合わせは早ければ早いほど良いでしょう。

好みの音楽ジャンルを明確に伝えておく

好みの音楽ジャンルがあるなら事前に伝えておくことが大切です。
出張ミュージシャンに演奏しもらってから「イメージと違った」と後悔しても、当日の対処は難しいものです。
音楽ジャンルは多種多様であるため、希望とズレてしまうことは意外とめずらしくありません。

イベントのゲストの客層も踏まえて、好みの音楽ジャンルを明確に伝えておきましょう。

まとめ

プロのミュージシャンにその場で演奏をしてもらうと、臨場感があふれ、とてもドラマティックな空間を演出できます。

ただし、依頼の際には希望の予算内に抑えることも重要です。
ネームバリュー・日程・時間・音響設備などが、出張ミュージシャンへの依頼費用を左右します。
依頼した場合にどのぐらいの費用がかかるのか、しっかり想定しておきましょう。
個別に見積もりを取ることも非常に重要です。

RELATED ARTICLE関連記事