イベント仲間探しマッチングサービス Oul Events

会議の進行をファシリテーターに依頼する際の費用とは?

会議の質を高めるために、外部のファシリテーターに依頼する方法があります。しかし、依頼をした場合にどの程度の費用がかかるのかはあまり知られていません。この記事では、ファシリテーターの依頼費用についてご紹介しています。

2021/09/13
FACILITATOR
  • f
  • t
  • B!
会議の進行をファシリテーターに依頼する際の費用とは?

ビジネスにおいてよく生じるトラブルの一つが、会議を開催するものの全く議題が進行しないケースです。
非効率な会議は、利益を生み出さないばかりか社員のモチベーションや生産性を低下させるという点で、大きなデメリットになります。

そして、会議を活性化し、有意義にするツールの一つに外部ファシリテーターの活用があります。

しかしながら、会議の司会進行を有料で手配する際の費用相場は、依頼したことがない方にとってはイメージしづらいものかもしれません。

この記事では、プロのファシリテーター依頼時の費用相場や費用を抑えるためのコツを解説します。

ファシリテーター(会議の進行)に求められるスキル

Designer
Professional
facilitator

a person "who supports a group of people to work together for objectives. "

Web
出張ファシリテーター費用相場

低価格のファシリテーター: 15,000円~
高価格のファシリテーター: 100,000円~

Image is not available
Image is not available
Contact
Contact.

イベント主催の予定はありますか?ファシリテーターを始め様々なプロがあなたのイベントへの参加を待っています。

previous arrow
next arrow

プロのファシリテーター(会議の司会・進行)が職業・サービスとして成り立つのは、それほど高い技能・スキルが必要とされているためです。
ファシリテーターの会議の進め方によって、会議の質は大きく変わります。
社内に最適な司会・進行できる人材が存在する場合はよいのですが、社内に適任が存在しないケースも珍しくありません。

では、優れたファシリテーターに依頼すると企業の会議はどのように変化をするのでしょうか?
この章では、3つのポイントを解説いたします。

会議の目的を達成する

会議の目的とは、重要事項を決定することです。
例えば営業方針・今後の営業戦略・新商品や新サービスの設計などです。

会議のテーマが決まっているにもかかわらず結論が出ずに、予定された時間を大幅に超過してしまうケースは、司会が会議をうまくコントロールできていないといえます。

また、そもそも何を決定すべきかが決まっていない会議は、準備段階に問題があります。

プロのファシリテーターに依頼をすると、時間内に会議が進行するようにうまく方向付けされます。

参加者全員の意見を引き出す

会議でよく起こりがちな事例が、発言者に偏りが生じるケースです。
せっかく会議に参加しているにもかかわらず意見が発言されない場合は、参加メンバーの意見が会議の結果に反映されません。

また、受け身の姿勢で参加する会議は、参加メンバーにとってやりがいが感じられにくく、モチベーション低下要因にもなります。

ファシリテーターは、メンバーの発言回数や発言時間にも注意を図り、メンバー全員にとって会議が有意義になるよう司会進行をおこないます。

客観的・論理的に会議を進行する

健全かつ建設的な会議をおこなうには、特定のメンバーの考えやその場の雰囲気に左右されないことも重要です。
しかし、役職者など発言力が強いメンバーが存在したり全体の多数が同じ考えを抱いていたりすると、参加メンバー全員が反対意見を口にしづらくなることがあります。

このとき、反対意見や異なる角度からの意見を促すのは、司会進行であるファシリテーターの役目です。
ファシリテーターは意見を言いやすい雰囲気を作ったり、発言できたりする状況を整えます。

さまざまな角度から、物事を客観的に判断することによって以下の効果が得られます。

  • 会議の結論が独善的になるのを避けられる
  • 反対側の意見に対しての考察を加えた論理的な結論が導き出される
  • メンバーの全員が結論に対して納得できる

外部のファシリテーターは、社内の人間関係やポジションに左右されずに進行できるため、客観的な司会進行をするためには最適です。

ファシリテーターの費用相場

ファシリテーターの費用相場

この章では、ファシリテーターに依頼をする場合の費用相場を解説します。
ただし、外部ファシリテーターの費用は金額に大きな違いがあるため、最終的には個別に料金表をチェックしたり見積もりを取ったりして費用を確認してください。

一般的な相場

ファシリテーターの依頼費用の相場は、以下のとおりです。

低価格のファシリテーター 高価格のファシリテーター
2時間の会議 15,000円~ 100,000円~

費用相場が大きく異なるため、予算内で希望どおりの会議進行をしてもらうためには、事前に見積書やサービス内容を十分に確認する必要があります。

一般的に費用を左右するポイントは、以下のとおりです。

  • 個人もしくは法人
  • ファシリテーターとしての実績
  • サービス内容

費用項目

ファシリテーターの依頼費用が大きく異なるのは、依頼するファシリテーターによってサービス内容の範囲が異なるためでもあります。
したがって、依頼時の満足度を高めるためには、サービス内容(費用項目)を理解することも重要です。

  • 会議の司会進行
  • 会議のための打ち合わせ
  • 会議後のフィードバック
  • ファシリテーターの技術やノウハウの共有
  • コンサルティング

一般的に、司会進行と最低限の打ち合わせはどのファシリテーターに依頼をした場合でも基本料金に含まれています。
ただし、そのほかの部分は「付加価値」として考えられます。
サービスを依頼する際には、対応の可否・追加料金の必要性の有無などをチェックしましょう。

ファシリテーターの宿泊・交通費に注意

一般的に、司会進行と最低限の打ち合わせはどのファシリテーターに依頼をした場合でも基本料金に含まれています。
ただし、そのほかの部分は「付加価値」として考えられます。
サービスを依頼する際には、対応の可否・追加料金の必要性の有無などをチェックしましょう。

一般的に遠方のファシリテーターに依頼をする場合には、交通費や宿泊費が別料金で請求されます。
ファシリテーターを依頼する際には、会社やファシリテーターの所在地・住所にも注意をしましょう。

ファシリテーターの依頼時に失敗しないために押さえるべきポイント

最後に、ファシリテーターに依頼をする際に、失敗しないためのポイントをご紹介します。
特に注意をしておきたいポイントは3点あります。

ファシリテーターとの打ち合わせを入念におこなう

どんなに優れたファシリテーターであっても、そもそもの会議の目的や決定事項を把握していなければうまくコントロールできません。
どのようなメンバーが参加し、どのような背景・状況下で会議を行うことになるのかを伝えることも重要です。

ファシリテーターに情報を正確に伝えるには、自社のメンバーが会議を開催する目的を具体的にイメージできる状態にしておく必要があります。

したがって、社内で十分に会議の準備をしたうえで、事前の打ち合わせの際にファシリテーターと共有することが重要です。

機密保持契約を結ぶ

会社の会議に外部のスタッフを招き入れるのは、とても勇気のいることです。
一般的にリリースされていない情報や企業の機密情報、競合他社に関する情報など、社内会議ならではの生々しい情報が取り扱われることも多いでしょう。

万が一のトラブルを防ぐために重要なことは、機密保持契約を結ぶことです。

機密保持契約とは、情報の不正利用防止のためのマニュアルを指します。
契約違反が生じた場合の罰則条項を決定し締結することで、情報漏洩をあらかじめ防止します。

ニーズに合ったファシリテーターを依頼する

ファシリテーターには、それぞれ得意なジャンルや独自の雰囲気があります。
例えば、ビジネスライクにスピード感を持って議事進行をするのが得意な方もいれば、フレンドリーな家族会議的な雰囲気を得意とする方もいます。

自社のニーズに合ったファシリテーターに依頼をすることで、会議の満足度や質をより高められるでしょう。

まとめ

会議をスムーズに進行するためには、ファシリテーターが重要な役割を果たします。
ファシリテーターの費用は、15,000円程度から10万円を超えるプランまで幅が広いですが、安ければ良いというわけではありません。

会議の進行と最低限の打ち合わせのみのミニマムなプランから、コンサルティングや会議の進行のノウハウ指導までを含んだプランなど、プランの内容はさまざまです。

希望の金額内で希望するサービスを受けられるよう、プランの詳細を比較しながら検討しましょう。

RELATED ARTICLE関連記事