イベント仲間探しマッチングサービス Oul Events

感謝の伝え方8選!家族や恋人に贈る言葉・手紙・プレゼントなど

感謝の伝え方8選をご紹介。手紙からプレゼントまで幅広く解説します。家族・友達・上司・恋人など、相手に合わせた感謝の伝え方を知れるでしょう。プレゼントの選び方3つ&感謝を伝える際のポイントについてもご紹介します。感謝を伝えたい方必見です。

2022/04/25
EVENTS
  • f
  • t
  • B!
感謝の伝え方8選!家族や恋人に贈る言葉・手紙・プレゼントなど

「感謝の伝え方ってどんな方法があるの?」
「大切な人に感謝の気持ちが伝わっているか心配…」
このような疑問や悩みを抱いている方は多いでしょう。

直接伝えるだけでなく、最近はメールやSNSなどの手段も発達しており、感謝の伝え方が幅広くなっています。
相手に適した伝え方をしたいですよね。

そこで今回は、以下の内容について解説します。

  • 感謝の伝え方8選
  • 感謝を伝えるプレゼントの選び方3つ
  • 感謝を伝える際のポイント

大切な人に感謝を伝えたい方必見です。

感謝の伝え方8選!家族・友達・上司・恋人への伝え方

感謝の伝え方8選!家族・友達・上司・恋人への伝え方

感謝の伝え方には、直接言葉にするほか、メールや手紙などさまざまな方法があります。
家族・友達・上司・恋人など、相手に合わせた感謝の伝え方を選びましょう。

感謝の伝え方8選をご紹介します。

目を見て言葉で伝える

一番感謝の気持ちが伝わりやすいのは、目を見て言葉で伝えることです。
感謝の伝え方として、「手紙を書く」「プレゼントを贈る」などの手段をとるにしても、手渡しで「ありがとう」という言葉と一緒に贈ると、さらに感謝の気持ちが伝わるはずです。

基本の伝え方として、目を見て言葉で伝えることは、誰が相手であっても大切にするべきでしょう。

感謝していることを第三者に伝える

○○さんが感謝していると言っていたよ」と第三者から伝えられると、とても嬉しいですよね。
相手に直接感謝を伝えるのが基本ですが、あえて第三者を介することにより、第三者に相手のよさを伝えられ、結果的に相手の印象アップにもつながります。

ただし第三者が相手に伝えなかった場合は、感謝の気持ちが伝わらないため、この方法だけにゆだねるのはやめましょう。
相手に直接伝えたうえで、こっそりと第三者にも話しておくのがおすすめです。

メール・LINE・SNSでメッセージを送る

直接会う機会があまりない場合は、メールやLINEで感謝のメッセージを送るとよいでしょう。
時間を空けずにメッセージを送ることで、感謝の気持ちが伝わりやすくなります。

若者の間では、Instagramのストーリーズなど、SNSを利用して他者にも見える状態で、友達への感謝を伝えるのが流行っています。
SNSの投稿を見た他者にも友達のよい評判が伝わるため、喜ばれやすいと考えられていますが、プライバシーには注意しましょう。

感謝の気持ちを手紙で伝える

メールやLINEよりも手間と時間がかかりますが、感謝の気持ちを手紙で伝えるのもおすすめです。
手書きの文字にはあたたかみがあり、心がこもります。

手元に残しておけるだけでなく、何度も読み返せるのがメリットです。

思いを込めた動画を作成する

友達の誕生日や恋人との記念日には、思いを込めた動画を作成するのがおすすめです。
思い出の写真や映像を集め、BGMの歌詞やテロップで、感謝の気持ちを込めたメッセージを伝えましょう。

アプリで動画を作成したい方は、こちらの記事が参考になります。
⇒「動画編集アプリ10選|初心者の動画制作が見違えてよくなる

お礼を伝えるための食事に誘う

一言で終わらせるのではなく、時間をかけて感謝を伝えたい場合は、お礼の食事に誘いましょう。
高級なディナーよりも、軽めのランチの方が相手に気をつかわせずに済んでよいかもしれません。

しっかりと感謝の気持ちを伝えられるだけでなく、相手との仲を深める機会にもなるでしょう。

会食やパーティーを開く

感謝の気持ちを盛大に伝えたい場合は、会食やパーティーを開くのがおすすめです。

家族や友達の誕生日には、ホームパーティーを開くとよいでしょう。
お世話になった上司が退職する際に、後輩や同期の仲間と協力して、会食を開くのも素敵ですね。

ちょっとしたプレゼントを贈る

感謝の気持ちを言葉で伝えるのが苦手な方は、ちょっとしたプレゼントを贈るとよいでしょう。
上手く言葉にできなくても、プレゼントを用意するという行動で感謝の気持ちを伝えられます。

感謝の気持ちを言葉にする努力はするべきですが、プレゼントに手助けしてもらうのはよい方法です。
プレゼントの選び方については次章で解説します。

贈り物による感謝の伝え方って?プレゼントの選び方3つ

贈り物による感謝の伝え方って?プレゼントの選び方3つ

感謝の伝え方として、プレゼントを贈るという方法があります。
どんなプレゼントを贈ればいいの…?」と迷う方も多いかもしれませんね。

感謝を伝えるプレゼントの選び方3つを解説します。

気をつかわせない価格のものを贈る

誕生日プレゼントの場合は、お互いに贈り合うため、それほど気をつかわせることはありませんが、感謝を伝えるためのプレゼントは一方的に贈るものです。
そのため高級なものを贈ると相手に気をつかわせかねません。

日頃の感謝を伝えるなら、数百円のお菓子などで十分です。
奮発するにしても3,000円以内の雑貨など、気軽な価格のものを選ぶのがポイントです。

相手の趣味や嗜好をリサーチする

食べ物やアイテムを贈る場合は、相手の趣味・嗜好・欲しがっているものなどをリサーチできるとよいでしょう。
相手の好みに合ったプレゼントを選べれば、一生懸命考えて選んでくれたのだと分かり、感謝の気持ちが伝わりやすくなります。

リサーチが難しい場合は、文房具などの消耗品やカフェのギフトカードなど、いくらあっても困らないものを贈りましょう。

アイテムに込められた意味に注意する

プレゼントを選ぶ際は、アイテムに込められた意味に注意しましょう。

例えばハンカチは「手巾(てぎれ)」と書くことから、「縁を切る」という意味があります。
そのような意味があることを知らない人が多いと思いますが、中には気にする人もいるため、注意の必要なアイテムです。

また入院中の相手にパジャマや寝具をプレゼントすると、「入院が長引く」という意味になるといわれています。
失礼な意味が込められていないか、確認してからプレゼントを選びましょう。

感謝を伝える際の3つのポイント

感謝を伝える際の3つのポイント

感謝を伝えたいけれど、上手く言葉にできない…」という方向けに、感謝を伝える際の3つのポイントをお伝えします。

まず1つ目は、すぐに「ありがとう」と伝えることです。
相手が忘れている頃に伝えても意味がないため、何かをしてもらったら、その場ですぐに伝えましょう。

2つ目は、「~のおかげで」という言葉を使うことです。
あなたがいたから」という意味を含んでおり、相手の存在を肯定することにつながります。

3つ目は、何かを贈る際はメッセージを添えることです。
プレゼントを用意したから大丈夫」と考えるのではなく、メッセージを添えて渡しましょう。
感謝を伝えるには、言葉にすることが大切です。

感謝を伝える際の3つのポイントを意識して、大切な人に感謝を伝えましょう。

まとめ

今回ご紹介した感謝の伝え方8選は以下のとおりです。

  • 目を見て言葉で伝える
  • 感謝していることを第三者に伝える
  • メール・LINE・SNSでメッセージを送る
  • 感謝の気持ちを手紙で伝える
  • 思いを込めた動画を作成する
  • お礼を伝えるための食事に誘う
  • 会食やパーティーを開く
  • ちょっとしたプレゼントを贈る

相手に合わせた伝え方を選び、心を込めて感謝を伝えましょう。
また、相手が困っているときは助けるなど、親切で返すことも大切です。

RELATED ARTICLE関連記事